Local Community Enterprises TOWN MANAGEMENT ISHIGAKI co.,Ltd. 株式会社タウンマネージメント石垣

2006年09月

公設市場の歴史

sakanaichi2.jpg石垣に市場が最初に設置されたのは、1899年(明治32)のことで、場所は当時浜から近かった現在の八重山郵便局の南側で、そこでは魚が売られていた。その後、1904年(明治37)にかつての大川村番所であった現在の公設市場の場所に移り、村営の公設市場として整備され、地域住民の日常生活を支えている重要な商業施設となった。ここで従事している人は地元の人であり、しかも女性である。市場の中央には井戸があり、井戸を挟んで両側に肉や魚を売る瓦屋根の建物があった。その周りには、露天に板台が置かれ、そこに魚が並べられて販売されていた。夕方から夜にかけては、最もにぎわいをみせる時間であり、夜は松の樹脂を燃やして明かりをとっていた。市場は四箇の住民だけでなく、近在の人や離島からも買い物に来る人があった。
市場はその後、1957年(昭和33)に全面改修が行われ、新装開設された。
現在の建物は、昭和62年竣工。

comments(0) |2006.09.27

Categories/カテゴリー

Archives/アーカイブ



bannermobile.gif
bannershokudo.gif
yuntakubanner.jpg
blogbanner.gif